サステナビリティ関連情報の開示支援

TOP > サービス  > コミュニケーション > IR支援(投資家・株主対策支援) > サステナビリティ関連情報の開示支援

外国人ステークホルダーに向けたESG/サステナビリティ情報開示支援

サステナビリティとは

サステナビリティとは「持続可能性」を意味します。企業が継続して事業活動を行う上で、環境、社会、ガバナンスの観点から課題解決への取り組みを行うことにより、社会全体を持続可能にしていくという考え方のことを指します。

日本では、2014年に金融庁の検討会により、責任ある機関投資家の行動指針を規定した「日本版スチュワードシップ・コード」が策定されました。また、2015年には金融庁及び東京証券取引所により、企業が経営を行うにあたって守るべき行動規範を示した「コーポレートガバナンス・コード」が策定され、すべての上場会社に適用されています。世界においては、2015年に国連サミットで、世界共通の目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。

こうした動きを受け、近年、「サステナビリティ経営」、「SDGs」、「ESG」といったトピックが注目されています。

 

SDGs:

SDGs (Sustainable Development Goals)とは、2015年9月に開催された国連サミットにおいて採択された、国際社会共通の目標です。SDGsは、17の目標と169の具体的な目標から構成され,持続可能な社会を実現するために世界各国で取り組むべき課題を示したものです。気候変動や自然資源といった環境問題、貧困や人権、エネルギーといった社会問題、技術革新や生産と消費といった経済課題などが盛り込まれています。

 

ESG:

ESGとは、企業の持続的な成長のためには、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に関する課題に対し、企業は積極的な取り組みを行う必要があるという考え方を示しています。

また、投資家にとっても、企業のESGへの取り組みを考慮した投資を行うことが長期的な投資リターンにつながるとして、「ESG投資」が世界的に広まっています。

 

サステナビリティに関する開示情報の翻訳

近年、世界中で環境・社会問題が深刻化する中、企業が事業活動を通してこれらの課題に対しどのように取り組んでいるかについてステークホルダーの関心が高まっています。企業は、多様化するステークホルダーに対し、事業内容や財務情報のみならず、サステナビリティやESGへの取り組みといった非財務情報を開示し、透明性のある経営を行うことが今まで以上に求められています。

 

英文でのサステナビリティに関する情報開示へのニーズは今後益々増加することが予想され、上場企業はその対策を講じていく必要があります。

 

主な開示ツール

 

・サステナビリティ・ESGウェブサイト

 

・サステナビリティレポート

 

・統合報告書

 

・事業報告書

 

 

 

インターナショナル・インターフェイスだからできること

インターナショナル・インターフェイスでは、上場関連の書類などIR関連の資料の翻訳に数多くの実績を有しております。

豊富な翻訳業務の知識を駆使し、上場準備における上場申請書類の翻訳から上場後のIR関連書類の翻訳まで、上場企業のニーズに合った翻訳サービスをご提供しています。

 

また、米国公認会計士資格を保有するスタッフが常駐し、専門的な見識に基づく高度なサービスを実現しています。

 

その他のIR支援サービス利用事例

関連サービス

リーガル&アカウンティング  
リーガル&アカウンティング
国内外の弁護士/会計士/専門家とのネットワークを構築。各種専門家とコミュニケーションをサポートします。
 

  • 海外ビジネスパートナーをお探しの方は、当社までご相談ください
  • CONTACT