英文開示(英文ディスクロージャー)支援

TOP > サービス  > コミュニケーション > IR支援(投資家・株主対策支援) > 英文開示(英文ディスクロージャー)支援

財務・会計専門スタッフによる海外投資家向けの翻訳サービス

ディスクロージャー(開示)とは

株主や投資家、顧客、従業員などのステークホルダー(利害関係者)が適切な意思決定や活動を行えるように、会社の経営に関する情報を提供すること。

上場企業においては、金融商品取引法、会社法及び証券取引所の規則により、企業情報の開示が義務付けられています。

 

ディスクロージャーの種類

法定開示

金融商品取引法と会社法により義務付けられている情報開示のこと。会社の事業内容や財務状況を記載した書類の提出が求められています。

 

適時開示

証券取引所の規則により義務付けられている情報開示のこと。上場会社等に対して、重要な情報をより早くタイムリーに開示することを要請するものです。

 

任意開示

企業が自主的に行う情報開示のこと。主に一般投資家向けに詳しく事業内容や経営戦略を説明するものです。

 

主な開示書類

法定開示

・有価証券届出書

・有価証券報告書

・株主総会招集通知

 

適時開示

・決算短信

・四半期決算短信

・コーポレート・ガバナンスに関する報告書

 

任意開示

・統合報告書

・アニュアルレポート

・CSR報告書

・株主通信

・決算説明会資料

IR英文開示への対応

海外投資家の日本株保有比率は年々増加傾向にあります。会社は事業内容や財務状況などについてタイムリーな情報の提供が求められており、英文開示へのニーズは今後益々増加することが予想されます。

 

 

インターナショナル・インターフェイスだからできること

インターナショナル・インターフェイスでは、IR関連の資料の翻訳に数多くの実績を有しております。

豊富な翻訳業務の知識を駆使し、法定開示・適時開示・任意開示のあらゆるIR関連書類の翻訳において、企業のニーズに合った翻訳サービスをご提供しています。

また、財務・会計専門スタッフが常駐し、専門的な見識に基づく高度なサービスを実現しています。

 

その他のIR支援サービス利用事例

関連サービス

image  
リーガル&アカウンティング
国内外の弁護士/会計士/専門家とのネットワークを構築。各種専門家とコミュニケーションをサポートします。
 

  • 海外ビジネスパートナーをお探しの方は、当社までご相談ください
  • CONTACT